中世の修験者は近代装備もなしに、どうやって劔岳や最難関クラスを登頂しまくってたんだ??

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1568341926/【元スレ】

今回の記事

1 2019/09/13(金) 11:32:06.22


残暑厳しき後立山連峰を日帰り縦走(マウンテン・ティムさん)
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=174222

みんなのコメント

3 2019/09/13(金) 11:32:44.84

気合いだけで登れるのか?

7 2019/09/13(金) 11:33:33.20

針ノ木峠超えたやつもいるし

8 2019/09/13(金) 11:34:16.64

本当に登頂してたんだろうか

9 2019/09/13(金) 11:34:53.34

フィクションだろ

16 2019/09/13(金) 11:37:13.81

>>8
>>9
劔岳山頂には中世の修験者の持ち物が遺されてた

10 2019/09/13(金) 11:35:02.06

いっぱい登って
いっぱい死ぬ

11 2019/09/13(金) 11:35:16.68

多数の犠牲のもとにある

12 2019/09/13(金) 11:35:22.75

ヒント 成功率

13 2019/09/13(金) 11:35:26.76

19歳の死んだ話かと

14 2019/09/13(金) 11:36:59.76

下から錫杖を頂上に向かって投げた

18 2019/09/13(金) 11:37:32.31

>>14
空海かよ

20 2019/09/13(金) 11:38:07.97

後続が居なくなった所で休憩して
登頂した事にしてたんだろ

21 2019/09/13(金) 11:38:32.37

神通力

そして若い女の脛に見とれて滑落

22 2019/09/13(金) 11:39:44.35

>>21
神足通かよ

以下コメント続き

23 2019/09/13(金) 11:40:34.16

草鞋ってめっちゃ滑りそうだけど

29 2019/09/13(金) 11:43:00.53

>>23
革靴やゴムサンダルより摩擦係数高そうじゃね?

26 2019/09/13(金) 11:41:46.63

劒岳の件に関しては、錫杖などは「山頂で発見された」という明確な記述はないぞ。それでも千数百年も前の人が登頂に近いレベルで登ってたのには驚くけどな

27 2019/09/13(金) 11:42:07.80

まあ、昔は死ぬ覚悟はあったんだろ。
今は生還が当たり前みたいなんだがな。

30 2019/09/13(金) 11:43:00.82

なんて言うんだっけ法力とか念力とか

32 2019/09/13(金) 11:44:48.02

>>30
修験道なら験力だな

31 2019/09/13(金) 11:43:24.60

鎖があるぶんヌルゲーになってんだよなぁ

33 2019/09/13(金) 11:44:48.95

鎖撤去すりゃいいんだよ

34 2019/09/13(金) 11:44:58.03

夏に登る位簡単だろ?JK

38 2019/09/13(金) 11:47:48.81

そりゃあ中世は現代みたいな便利なもんは無かったわけだからな
日常生活=トレーニングみたいな生活だったわけ
現代人より遥かにタフな人達だったわけでさ

42 2019/09/13(金) 11:55:15.55

生き残ったヤツだけが記録に残るだけやろ

44 2019/09/13(金) 11:57:30.00

基本は下から拝むだけじゃね?
仏像の頭に乗るようなもんだし。
下の方で走り回ってただけ。

45 2019/09/13(金) 11:59:42.96

中世の人間は小型で高性能
人間の性能が違う

46 2019/09/13(金) 11:59:55.58

室堂からはアップダウンがそれほど無くて
夏場なら女性でも楽々行けるみたいだな

しかし夕方から登るってのは命知らずだし
台風も来てたし突風で飛ばされたんかな

52 2019/09/13(金) 12:03:19.86

今で言うエベレスト的な感覚だろうな。写真も地図もないから異世界感半端ない

以下コメント続き2

56 2019/09/13(金) 12:04:52.44

千日解放業みたいな業がある時点で、登ってても不思議ではない

57 2019/09/13(金) 12:05:49.85

体力筋力が違うし背も低い
だからといって簡単に登れる訳じゃないが現代人とは比較にならないだろうね

61 2019/09/13(金) 12:08:49.21

明治の陸地測量隊も、鎖とか無いまま登ってるな
登山家でもない測量屋なのに

64 2019/09/13(金) 12:11:22.25

雨ふってきたら体冷えただろうな

66 2019/09/13(金) 12:12:40.10

食料は何をどれくらい持って行ったんだろう

67 2019/09/13(金) 12:14:06.29

結構死んでるだろ

68 2019/09/13(金) 12:14:57.32

登山靴もザイルもハーケンもないからな
頑張って登れよ

72 2019/09/13(金) 12:17:04.79

数撃ちゃ当たるの理念じゃね

74 2019/09/13(金) 12:17:54.76

チャクラを手のひらや足先に集中して壁に接着

75 2019/09/13(金) 12:18:22.66

何百人が亡くなってるでしょうね

76 2019/09/13(金) 12:18:28.18

高所恐怖の修験者は最低だな

77 2019/09/13(金) 12:18:38.84

根性論の有用性の証明
難関山登り程度のことは根性があれば解決できるって事
世の中それより簡単なことだらけ

78 2019/09/13(金) 12:18:53.58

マタギとか何週間も山で獲物を追って過ごした
すごいよね

79 2019/09/13(金) 12:20:23.60

背中を押し当ててじわりじわり登ってった

82 2019/09/13(金) 12:22:45.33

剛力彩芽もZOZOの最高峰を簡単に登頂征服したように登山者の荷物を運ぶ地元の剛力には最高峰登頂も今でも簡単なことなんだよ。

以下コメント続き3

83 2019/09/13(金) 12:22:57.14

法力とかいうものじゃね

87 2019/09/13(金) 12:25:40.04

だからバンバン滑落して死んだ

途中までのピンは岩壁に残されてるから一人頭何ピン残せるか?で今の登山ルートができた

88 2019/09/13(金) 12:26:36.28

生き残った奴だけ登頂した

89 2019/09/13(金) 12:26:51.79

Tシャツ短パンの女がフラッと一人で登れるレベルなんだから簡単だろ

94 2019/09/13(金) 12:30:53.39

ヘリで山頂に一直線

95 2019/09/13(金) 12:33:34.79

空海とか役行者って超能力者なの?

97 2019/09/13(金) 12:36:09.93

頂上の形だって多少変わってるだろ
その後の地震とかで崩れたのかもしれないし

98 2019/09/13(金) 12:39:44.90

人海戦術
食料たっぷり持った奴らが5000人くらいいれば遭難なんてしないだろ

103 2019/09/13(金) 12:46:49.77

なんば歩きっていう歩法だと疲れにくい。と聞いてネットで見て実践を試みたけど全然うまくいかない余計疲れる

104 2019/09/13(金) 12:46:56.57

逆に登ってない未踏の地があると思う方がおかしい

105 2019/09/13(金) 12:47:48.20

登頂代行ってのがある
自分の代わりに山に登ってきてくれるシステムだ

106 2019/09/13(金) 12:49:03.95

真言唱えて仏の加護を祈りながら登ると、超常的な力が出るんだろな
これが宗教の力

108 2019/09/13(金) 12:52:56.05

すべて人力で子供の頃から肉体労働してるんだから
身体能力は現代人より高かっただろ

109 2019/09/13(金) 12:55:00.85

普通に死んでる
死なずに登って帰る超人だからあの人やべえ!?ってなる

110 2019/09/13(金) 12:56:28.39

もし何かあったら
不思議な力で生き残ることになる

以下コメント続き4

112 2019/09/13(金) 12:59:38.31

高下駄は最強のトレッキングウエポン

113 2019/09/13(金) 13:01:31.13

マジレスすると
飛ぶんだよ

114 2019/09/13(金) 13:03:05.53

役小角は鬼を使役するから

116 2019/09/13(金) 13:07:29.02

極地法は登山家の恥

117 2019/09/13(金) 13:11:24.84

桟道とか鎖見ると何人も死にながら作ったんだろうなと想像してゾッとする

118 2019/09/13(金) 13:12:39.62

単純に考えて、全員が生還出来る場所じゃないから、死地に赴く意味での修行の場だったんだろう。
たぶん半数以下は、遭難や事故で戻ってこなかった。

122 2019/09/13(金) 13:20:46.89

あの鎖とか付けたのって誰?軍関係?
そいつらが一番すごい

124 2019/09/13(金) 13:36:09.78

上司からストレス解消にと「大峰山」という変な名前の覗き部屋に誘われる

125 2019/09/13(金) 13:38:10.51

加賀藩の藩士も領界警備で草履に編み笠で稜線を闊歩していた

126 2019/09/13(金) 13:38:21.62

どんだけ山登っても法力やら霊力やら身につかないことに気付かなかったのかな?
気付いたときはどんな気持ちになるんだろ?

132 2019/09/13(金) 13:59:03.11

天から与えられた丈夫な身体をひたすら追い込むのが修行
丈夫でない奴は死ぬだけ

134 2019/09/13(金) 14:04:01.13

登った(登ったとは言っていない)

142 2019/09/13(金) 14:39:17.09

ファイトー!!

143 2019/09/13(金) 14:40:52.26

昔の人は健脚だったからな
それでも死にまくってただろうが

144 2019/09/13(金) 14:49:33.96

今でも山岳民族が傭兵になるぐらいだし
当時は凄い人がいただろ

146 2019/09/13(金) 15:09:26.24

装備が無いよりも登山道がないのに登ったのが凄いと思う

147 2019/09/13(金) 15:11:19.25

飛脚とかも大概化け物だし
いたんだろ大昔にフィジカルエリートが

149 2019/09/13(金) 15:21:47.80

人海戦術っしょ
いっぱい犠牲を伴ってんじゃない?

次によく読まれている記事


以上、【中世の修験者は近代装備もなしに、どうやって劔岳や最難関クラスを登頂しまくってたんだ??】でした。

もし気に入っていただけたらツイッターなどでぜひぜひシェアをお願いします。更新の励みになります。